RAM light Chrome拡張 空きメモリの容量をアイコンラベルに表示する

2023年3月12日日曜日

システム

アイコンラベルの数値と色で空きメモリの容量がわかる

Google Chromeは非常に多くのメモリを消費します。特に複数のタブを開いているとあっという間にPCのメモリが少なくなります。

RAM light Chrome拡張

RAM light - Chrome ウェブストア

タブの増加による空きメモリの容量を監視するのに便利なのが、RAM light Chrome拡張です。

現在の空きメモリの容量(GB)を常にツールーバーアイコンに表示、あらかじめ決めた容量以下になると色の変化で知らせてくれます。

また、メニューからは空きメモリ率と搭載しているメモリの総容量も確認することができます。

RAM light Chrome拡張の使い方

RAM light Chrome拡張をインストールしたら、ツールバーの拡張機能アイコンから「RAM light」を選択してクリップしましょう。

RAM light Chrome拡張 アイコンラベル

アイコンのラベルには「3.3 RAM」のように、現在の空きメモリの容量(GB)が表示されます。

クリックすると、「Free: 3.3 Gb (43.3 %)/Total: 7.6 Gb」のように、空きメモリ率とメモリの総容量も確認できます。

ラベルの数値は、毎分自動的に更新されますが、強制的に更新したいときはアイコンをクリックしましょう。

また、タブを閉じたり新しいタブを開いた時にも変わるので、Chromeのタブによるメモリ消費の状態をすぐに反映してくれます。

RAM light Chrome拡張 オプション

オプションでは、ラベルの色を変える閾値を設定します。

例えば、「Color to use if free memory is less than」オプションを「20%」に、「Color to use if free memory is greater than」オプションを「50%」に設定すれば、メモリの空き容量が20%以下になったら赤色に、50%以上なら緑色に、それ以外は黄色になります。

なお、閾値はあらかじめ用意されたリストからしか選択できません。任意に数値を入力できるとよかったですね。

QooQ